kochi-web.com

A fresh approach to shopping.

Uncategorized

ルーレット:プレイ方法

ルーレットはスリリングで、エキサイティングで、魅力的なゲームです。世界中でプレイされている人気のゲームで、ルールはわかりやすくシンプルです。今回は、ルーレットについて理解を深めていただける内容をお伝えします。 ルーレットで使われる道具 ルーレットとはフランス語で小さな車輪を意味する言葉です。円盤には仕切りが付いていて、それぞれ0から36までの数字が割り振られており、アメリカ式のルーレットにはそれに加えて00があります。白い玉が円盤の中を転がり、そのどこかの数字枠に入るので、プレイヤーはどこに玉が入るかを予想して賭けます。賭ける際には、テーブルの上にチップを置きますが、単純に1つの数字に賭けるだけでなく、1~12、13~24、25~36、奇数、偶数、黒、赤といった賭け方のオプションもあります。 インサイドベット どこに玉が入るかを予想します。賭ける数字が特定されるほど、当たった時の配当も大きくなります。インサイドベットには様々な賭け方があります。 以下がルーレットでできるインサイドベットの種類です: 1つの数字に賭ける、配当35対1 2つの数字に賭ける、配当17対1 3つの数字に賭ける、配当11対1 1枚のチップで3つの数字に賭ける場合は、ストリート(3つの数字が並んでいる列)の端にチップを置きます 4つの数字に賭けるコーナーベット、配当8対1 4つの数字にまたがる位置にチップを置きます 6つの数字に賭ける(6ラインベッティング)、配当5対1  隣接する2つのストリート(3つの数字が並んでいる列)にチップを置きます 米国式ルーレットにおける5ナンバーベットでは、0、00、1、2、3に賭けられます。配当6対1 00列、つまり0と00へのベット、配当17対1 アウトサイドベット 数字以外にもベットできます。特定の数字とは関係のないベットになります。 以下がアウトサイドベットのオプションです 赤または黒へのベット、配当1対1 奇数または偶数へのベット、配当1対1 カラムベッティングまたは12ナンバーベッティング、配当2対1 1~12、13~24、25~36へのベッティング、配当2対1 ハイベットまたはローベット、配当1対1 ルーレットゲームのオッズ ルーレットでは必ずハウス(胴元)が有利になっています。36の数字だけではなく、0と00があるのがオッズの肝です。常にオッズを有利にしましょう。これらのオッズが必ず機能するとは限りません。 米国式のルーレットには00があり、カジノ側の優位性が大きくなります。0のみのルーレットはカジノ側のハウスエッジは2.7%です。00がある場合は5.26%になります。 フランス式のルーレットはプレイヤーに有利です。また、玉がゼロに入った場合のアウトサイドベットにはラパルタージおよびアンプリゾンルールが適用され、プレイヤーは賭け金の半額を失うだけで済みます。ゲームの途中で手を引くことはできません。アンプリゾンルールではプレイヤーが負けた場合賭け金が半分戻ってきます。また、フランス式のルーレットにおけるラパルタージルールでは、賭け金の半分を次のスピンに持ち越してそのまま置いておくこともできます。